今年も新入生オリエンテーションを行いました。先の日記に書いたとおり、2・3年生向けも今年度初めてやってみました。

 今年度はあらためて教科書で紹介された本をきちんと網羅するために、教科書チェック及び早めの発注を行っています(ってまだ未納品ですが……)
kyoukasyo.gif

 上の画像は、教科書掲載図書に巻こうと思っている「帯」です。よく「教科書に載っている本です」的な別置棚を造られる場合も多いとは思うのですが、私は、本来分類に従って置かれている場所を崩してしまいたくありません。

 ですから、今回入荷する本の該当分については、上の帯をつけておくことにしたのです。年度が終わればまた掲載図書も変わってきますから、はずしてしまえばいい。いつまでも残ってしまうシールなどは貼らない方がよい、というのが今のところの私の考えです。

 さて、以下はおまけ。

 新入生オリエンテーションで配布した「図書館のしおり」に書いた文章です。これは朗読などはせず、保護者の人と一緒に読んでくれ、と子どもたちには言いました。

----------ここから----------------

 新入生のみなさん、入学おめでとうございます。これから3年間、長いようであっという間に終わってしまう中学時代です。大切にすごしてください。

 さて、みなさんは小学校で勉強する中で、テストを沢山受けてきたと思います。正しい答えを書けば、良い点数がもらえますね?

 しかし、そうやって良い点数がもらえるのは、学校に通っている間だけの話です。

 おとなになり、社会に出てからのみなさんの人生で、「正しい答え」がはっきりしていることなんて、ほとんどありません。
 そして誰にとっても同じ、共通の「答え」もありません。

 では学校で勉強するのはムダなんでしょうか?

 そうではありません。
 学校にいるときは、先生が正しい答えへみちびいてくれることが何度もありますが、実はこれからみなさんが中学校で練習するのは、「自分で、自分なりの答えを見つける方法」だと思って下さい。

 そ・こ・で!
 ぜひ、○○中学校図書館を使いたおしてほしいのです。

 先生が授業時間が足りなくて言えないことや、そもそも授業とぜんぜん関係ないことや、たちの悪い冗談や、反対に超マジメなことも、図書館にはたくさんあります。

 まずは本を楽しみ、うんと手にとって下さい。そうすることでちょっと見えてくるものがあります。

 「自分なりの答えを見つける方法」のヒントが、きっとあります。

 知らないことは恥ずかしいことじゃありません。知らないのに知ったふりをすることがもっと恥ずかしいことです。
 分からないことは、図書館で調べましょう。
 先生や家の人にききましょう。

(ちなみに、「使いたおす」とは、「とことんまで使いつくす」ことです。図書館の本棚をたおすことではありません。念のため)

○○中学校図書館 司書
keep9

1.図書館とはなにをするところでしょうか?
 「自分で考える力」
 「沢山の情報の中から、正しく、必要な情報を探し出す力」
 「その情報を活用する力」
 「自分が経験したことのないことでも思いやれる想像力」
 「豊かで、繊細で、広く、でも打たれ強い心」

 を身につけるための場所です。本はそのための道具です。

 かんたんに言うと、「教養」を身につける場所です。

 みなさんが「ルール」をきちんと守れば、使い方は自由です。

 「教養」を身につけるやり方は、みなさんひとりひとりで違います。サッカーをやるときに、走り方やボールの蹴り方がひとりひとり違うように、図書館の本の使い方にも、みなさんひとりひとりに適した方法があります。
 司書は、みなさんにそのためのアドバイスをさせていただきます。


2.館内でのルール
 (1)館内では静かにして、周りの人に迷惑をかけないように気をつけましょう。
 (2)図書の取り扱いは丁寧にし、切り抜き・落書きなどは絶対にしないようにしましょう。まちがって破損したら、司書に申し出て修理してもらいましょう。
 (3)無断で図書を持ち出してはいけません。かならずカウンターで貸出手続きを受けて下さい。
 (4)閲覧した本や椅子、机の上のゴミなどは、きちんと後始末をしましょう。
 (5)(省略)。

3.館外への貸し出し
 (1)昼休み・放課後に毎日貸し出しを行います。
 (2)貸し出し期間は2週間です。ひとり3冊まで借りることができます。ただし、新しく入った本や、貸し出し予約が入っている本は1週間です。
 (3)月1回をめどに各クラスに25冊図書パッケージを貸し出しすることがあります。
 (4)自分が借りた図書を他の人に貸してはいけません。
 (5)借りた図書をなくしてしまった場合は、借りた人が弁償することを原則とします。
 (6)夏休み・冬休みなどの長期休業中は、期日を決めて貸し出しを行います(ただし春休みは点検作業のため、貸出しません)。

4.貸し出しと返却の手続き
 (1)貸し出し
 図書館利用カード(名前とバーコードが印刷されたカード)と借りたい本をカウンターに持ってきてください。パソコンで貸し出し手続きを行います。
(2)返却
 本を返す時も、カウンターで返却手続きの処理を受けて下さい。処理が済んだら、自分で本棚に本を戻します。場所が分からなくなったときは、司書に必ずたずねてください。
本は「日本十進分類法」(NDC)というルールに従って並んでいます。あとから借りる人が迷わないように、場所が分からないままいい加減に戻さないようにしましょう。
 デタラメに戻した人はすぐ分かってしまうぞ、気をつけろ!!

5.本をどうやって探したらよいか
 先に述べたように、図書館の本は、「日本十進分類法」(NDC)というルールに従って整理され、本棚に並んでいます。
 分類番号の順番に本が並んでいますから、まず探したい本の分類番号を調べましょう。分類番号表はこの冊子の巻末にも綴じてありますし、図書館の入り口にも貼ってあります。番号が分かったら、その番号の棚に行って探せばいいのです。
 もし、それでも本が探せないときは、「レファレンスサービス」を利用しましょう。
 レファレンスとは、あなたの欲しい本や情報を探すお手伝いを司書がすることです。
「何を知りたいか」
「どうして知りたいか」
を、詳しく司書に話して探してもらいましょう。
また、本を探すために、司書からもみなさんにいろいろ質問をすることがありますから、分かるかぎり答えるようにして下さい。

 訊くは一時の恥、知らぬは一生の恥だぞ!
スポンサーサイト
2012.04.25 Wed l 図書館 l COM(0) TB(0) l top ▲