上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 偕成社のジュニア版日本文学名作選が職場の図書館にあります。

 ランダムに鴎外の「舞姫」を取りだして奥付を見てみたら、1985年に発行された第8刷でした。28年前の本ということになります。ページはすっかり黄ばんでしまい、天・地・のどには茶色の染みがいっぱいついた状態です。

 今どきの華やかなライトノベルやケータイ小説、果てはマンガの装丁に慣れた子どもたちが、こういう本を手に取る可能性は、ゼロとは言いませんが「無きにしも非ず」という程度でしかありません。

 先日、国語の教科書で漱石の「坊っちゃん」のイントロを読んだという3年男子が続きを読みたいと言っていたのが、わずかなその例外のひとつです。正味、ほんとうに、それだけ。

 最近、文庫本では、名作文学を何とか若い人たちに読んでもらおうと、マンガ家に表紙画を描いてもらったり、タレントを起用して宣伝したり、という施策が打たれているようですが、こと出来れば、堅牢な本のほうが欲しい立場である学校図書館としては、ハードカバーの単行本のほうでそういう試みをやってもらえないかなーと考えたりするわけです。

 文庫本の物理的寿命は短い。本当に短いです。紙質も良くはないし、フィルム装備をしていても、人気がある本はすぐボロボロになってしまいます。

 長く所蔵したい図書館としては、それでは困るわけです。

 長く書架に置けて、生徒の眼を引く美しい装丁の名作文学の単行本が欲しい。これは切実に欲しいです。

 なければ作りたいくらい、これはニーズとしてある。

 多くの学校図書館にも共通するニーズだと思うんですが、良心的出版社の皆様、考えてみてはいただけますまいか。

 
スポンサーサイト
2013.07.22 Mon l 図書館 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。