上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ひとり留守番中の実家でiPad使って書いております。iPad Air2をロジクールのtype+に装着して、surfaceもどきのような、昔々で言うとIBM時代の極小ThinkPadのような感じです。旧世紀のアップルはサブノートジャンルを頑なに否定してましたけど、事実上これはアップル製サブノート状態だよねえと思います。

Type+


いきなり脱線。

今年は小学校図書館1年目。
想像以上の騒がしさに慣れるのがまず第一の課題でした(苦笑)。

小学生諸君は元気!うるさい!走る!走りまくる!騒ぎまくる! 当然のことながら締めるべきところは締めないといけないので、多分前任者以上にガツンと怒る機会が多かったと思います。自分で言うのもなんですが、私は腹の底から声が出る方なので、ガチで怒ると声がでかくなります。
おかげさまで、ある児童からは

「先生はふだんはやさしいけどおこるとこわい」

というありがたい評価をいただきました。阿修羅じゃないけれど、笑顔の背後にある怒り顔を想像して身を律して欲しいと思います。やむをえないことですけど。

もうひとつ、図書館の配架はやはりというか全面的に見直すこととなりました。
0〜8類は、ぼんやりとしていた分類順と五十音順を、十の位ごとの仕切り板(必要なら一の位の板も入れ)明確化しました。さらに9類に関しては、明確な表示がない別置を完全に廃止して、これも分類順・五十音順を徹底しました。

その結果、当初は、勘と経験則で場所を憶えていた児童から大不評(笑)。

まあ、これは時間が解決してくれました。

あと、分類表示物は例によって手作りで作り直しました。
これは写真で見ていただいた方がいいでしょう。

分類1

分類2

分類3

分類4

分類5

これはクラフト系。

クラフト3

クラフト2

クラフト1


クラフト系は、カウンターから離れられないときの説明に重宝してます。
「象の尻尾側の棚に行ってみな!」みたいな感じです。もうちょっと高学年になったら、ちゃんとした分類も覚えてくださいね。

来年もよろしく。
スポンサーサイト
2015.12.31 Thu l 図書館 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。