古典文学館


 職場に置いてある旧版の古典文学館(講談社)は、ほぼ歯抜けの状態でした。今年の春に完結した「21世紀版」は、判型が若干小さくなっているようです。

 ともあれ、図書館では弱かった「古典」の部分を強化しておこうという狙いで、全巻を備品予算(プラス若干の寄付)でそろえた次第。

 で、古典の棚は背表紙が窓側に向くレイアウトのため、そのまま放っておくと間違いなく背焼けしてしまいます。

 そこで、ホームズ&ルパンのときもやった専用棚をまた作って窓際に置きました。現在、「四谷怪談」は貸出中です。

 ちなみに「ホームズ」と「ルパン」の専用棚はこんな感じでした。

ホームズ・ルパン
関連記事
スポンサーサイト
2010.07.22 Thu l 図書館 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/11-73573bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)