昨日から今日にかけて、出入りの書店より発注していた図書がつぎつぎ納品。

 さっそく受け入れ・装備を行って新刊棚をPOPと一緒に入れ替えました。

「ゲゲゲの女房」(武良布枝著)
 ※まぁ、時事ものと言えなくはないですが……食いつきよく、置いた当日に借りられていきました。

「ほんまにオレはアホやろか」(新装版、水木しげる著)
 ※上記姉妹編、のつもりで。以前「のびのび人生論」シリーズの1冊として蔵書があったのですが、さすがに本はぼろぼろ。表紙再生技を使うしかないだろうかと思っていたのですが、今年になってソフトカバーで再刊されていたので再度購入しました。

「夏への扉(新訳版)」(ハインライン著)
 ※「アルジャーノンに花束を」の訳者による新訳。読み始めからかなり読みやすい訳文だと思いました。自分が読了する前に生徒が借りていきました。

「華氏451度」(ブラッドベリ著)
 ※今年度中に作る予定の「SF&ミステリ棚」のラインナップの柱のひとつ。

「ファンム・アレース3」(香月日輪著)
 ※人気シリーズ。1年生の女の子が1と2を合わせて3冊一気に借りていきました。

「キケン」(有川浩著)
 ※表紙の食いつきでしょう、これは。作者も安定した人気がありますしね。

「アホの壁」(筒井康隆著)
 ※これをおもしろがって読んでくれればいいんですが。

「財政のしくみがわかる本」(神野直彦著)
 ※岩波ジュニア新書。立場としては「反新自由主義」の本ですね。

「上機嫌のすすめ」(武田双雲著)
 ※受験ストレスがあるかもしれない子たちに。

「ボナンザVS勝負脳」(保木邦仁・渡辺明著)
 ※渡辺竜王と戦った最強将棋ソフト「ボナンザ」開発者と渡辺竜王の共著。将棋好きな子は多いので、おもしろがってくれんかなー。

「新装版 爆笑問題の学校VOW」
 ※ギネスブックと同種の、息抜き系。

 
関連記事
スポンサーサイト
2010.06.08 Tue l 図書館 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/2-2d7cce55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)