上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 図書館だよりのコラム本文についてだけ公開しちゃおうかと思いまして公開します(笑)。

 スペースの関係からごく短いものですが、こんなことを毎週やっております。



 ある会社にいたころ、本来の仕事とは別に、チラシやウェブサイトの宣伝文を書いていたことがあります。

 宣伝文、つまりキャッチコピーの鉄則は、「ウソは決して書かない!」これです。商品の値段を偽ってはいけないし、やってないサービスをやってると書いてもいけない。もちろん、当然のことですね。

 ただし、上のルールにはちゃんと例外があります。「だからといって、本当のことを全部書いてもいけない」という(笑)。特に会社の弱点とか、同じ土俵で競争しているほかの会社に比べて負けてるところなんてのを書くのは、ぜったいにダメです。そんなことしたら間違いなくクビになる(笑)。ウソを書かず、しかも会社やサービスの長所だけをきちんとアピールして、短所に気付かせない文章を書くのはなかなか難しいものです。

 どんな宣伝チラシでもいいですから、一度ためしに「この会社はどんな弱点を知られたくないと思っているか」と意地悪く読んでみると面白いですよ。実はそれも「メディアリテラシー」の出発点です。
関連記事
スポンサーサイト
2010.09.11 Sat l 図書館 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/26-442d3056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。