上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 「言語感覚」という意味で心覚え的に書いておきます。

 難病で亡くなった女性を闘病時期から追ったあるドキュメンタリー、最終的には映画にまでなりましたが、その当事者がAV女優をやっていたのではないかという「疑惑」が持ち上がり、「まとめサイト」などというものまで出来ていたこともあります。

 私は仮に百万歩譲ってそれが事実だとしても、本人が公開していない個人情報をつつき回して酒の肴にすることは許し難いことだと思っています。

 特に……一番許せなかったのは、この「疑惑」をつついていた人間のひとりが「AV女優だったからってなんだっていうんだ。職業に貴賎はないじゃないか」という意味の言葉を吐いたことでした。

 ……「職業に貴賎はない」

 実に美しい、それ自体は全く間違っていない言葉です。

 ただ、その言葉を使うべき文脈が決定的に誤っていて、そしてその言葉を吐く人間の心根の卑しさが透けて見えることを除いては。

 ……人間、ここまで墜ちきれるということの証明のような場面を見たようでした。

 本を読んで、言葉をこんなふうにもてあそぶ人間だけにはなりたくないものです。

 あ、そうそう中学生向けにやさしく言い直せば、こういうのを「屁理屈」というのですよ。

 良い言葉は、正しい文脈で使わなければ、その言葉が「ほんとうにかわいそう」というものです。
関連記事
スポンサーサイト
2010.10.31 Sun l 世相 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/46-efeccc96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。