うちの図書館で、常設されている「別置棚」は以下の通りです。

 1.「郷土資料」
 2.「戦争と平和」
 3.「職業」
 4.「地理」
 5.「新書」
 6.「全集・作品集」(9類の分類3桁末尾「8」の本)
 7.「文庫本」
 8.「SF&ミステリー」


 私が着任する前に既にあったものは、1,2,3,4,5,7です。
 このうち、「新書」はかなり冊数もあり、通常の棚に収めると他の本に紛れてしまい見つけにくくなるという理由から、「新書」として独立させ、この棚の中で0~9類の分類配架を行っています。
 また、「郷土資料」は必須と言って良いでしょう。
 「職業」も学校としては必ず置くべきですね。
 「文庫本」ですが、これは9類がほとんどということもあり、将来的には通常の9類の棚に吸収されるかもしれません。
 「地理」も、将来的には解体される可能性があります。2類に統合しないで独立させておく意味がなくなってきました。

 「全集・作品集」については、文学全集系をまとめておくために別置としました。集英社版世界文学全集(寄贈)があるために、それらをバラけさせたくない、という理由です。なぜかディズニーアニメの小説版の本(沢山)に「938 テ」のラベルを振ってこちらに置いています。単純な理由で、これは小説の文章を書いただけの人を著者として著者記号を振っても意味がないからです。

 「SF&ミステリー」は今回初めて創設。
 同じ校区内のふたつの小学校が「SF&ミステリー」の棚を作っているため、それを中学校でも引き継ぐ意味で。SFについては一家言ある司書として(笑)、選書はリキを入れております。

 ただし、別置は増やしすぎてはいけませんよね。「国語」「数学」「理科」「社会」「英語」の別置、なんていうのは論外です。本来の分類配架が空の彼方に飛んで行ってしまいます(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
2010.11.09 Tue l 図書館 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

別置棚
こんばんわ。うちの別置図書は、
①「進路・職業」
②「絵本」
③「コミック」(歴史の学習マンガは分類の棚に)
④「新書①(青い鳥&フォア&福音館&偕成社&岩波少年の文学のみ)」「新書②(ディズニー)」
⑤「学習参考書と勉強のコツ」(学参は閲覧のみ)
⑥「大型美術本」(50センチ以上ある大きいもの)
⑦「文庫」(文学以外も)
⑧「推理小説・ミステリー」
⑨「文学全集」です。
岩波ジュニア新書&よりみちパン!セ&14歳の処世術も別置でしたが、棚が足りなくなって解体しました。
今悩んでいるのは⑧です。どこまでがミステリーなのかよくわからないので、もうそれぞれの言語の文学と一緒にしようかなぁと思っています。小林少年は別置の方に入ってますが、金田一少年は普通の棚だし、マガーク少年探偵団やベイカー少年探偵団はどうする??と悩みまくってます。それならば別置でない方がいいかしら…。棚も足りないし。
郷土資料は是非別置したいですが、わが町のみに絞ると資料が少なすぎるし…、広げると棚も足りないし…でまだありません。戦争と平和も、最初ありましたが、更新されていなかったので解体してしまいました。更新するとなると棚が足りないので。リストは作ったのですが。
書架が十分にあって、ゆっくり置けるといいのですが、いつも本の並べ方に悩んでいます。
2010.11.10 Wed l ありなみん. URL l 編集
Re: 別置棚
 >ありなみんさん

 郷土資料の場合、都道府県まで広げないとひと棚も埋まりませんね(苦笑)。うちも一緒です。

 ミステリの場合、一般書架(ないし、ヤングアダルト向け)と専用棚の違いは、やはり日本の2大シリーズといっていい「ハヤカワ・ミステリ(文庫)」「創元推理文庫」に入っているような作品かどうか、というところでしょうか。

 本格的なミステリ・SFというのは、言葉にしにくい勘所というか、ツボがあるものだろうと。

 少年探偵団シリーズの場合、作者が明らかに少年向けのミステリを意識して書いているので、これは「ミステリ」で良いと思います。いっぽう「タイムスリップ探偵団」シリーズなどは入れなくてもよいかなと思いますね。
2010.11.12 Fri l keep9. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/49-ad481dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)