いくつか前のエントリで、「文庫本」の棚は解体するかもということを書いたと思いますが、書棚の整理が「文庫本」の棚に突入し、作業しているうちにだんだんとそうなってきました。

 というのも、文庫本棚の半分近くがいわゆる「コバルト文庫」的な作品で占められているため、「ヤングアダルト」棚に移してみたら棚に残ったのは2段弱程度。ガラガラになってしまったという次第。

 折原みとさんと小林深雪さん(X文庫ティーンズハート)が大半を占めていましたが……好きな子はめっちゃ好きなんだなーこれが。マックスコーヒーの3倍くらい甘いラブコメですけども(苦笑)

 そういう時期って、あるよね。
関連記事
スポンサーサイト
2010.12.13 Mon l 図書館 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/56-1c8e9055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)