文庫本棚の再構成が続いています。

 その後、通常の分類棚に散らばっていた文庫本を集約して、あらためて文庫本棚の再構成を行っています。

 ただし、生徒自身が棚に返却する際に混乱しないように、「文庫」シールを追加することにしました。これはバーコードシール紙の余白にOpenOffice Drawで編集して印刷したものです。

文庫本棚

 ただ、同じ文庫本の中で、電撃文庫やガガガ文庫、X文庫などの「ライトノベル」「ヤングアダルト」に相当するものは、「中学生のためのエンタメ入門編」としての「ヤングアダルト棚」の重要な構成要素として置いておかなくてはいけません。
 そこで、YA棚には「YA」ラベルを文庫と同様のやり方で作成して貼り込みました。

ヤングアダルト棚

 本当は三段ラベルを使った方がよかったんでしょうが、既に二段がデフォルトである状態じゃ8600冊を全部貼り替えるわけにもいかない(苦笑)。苦肉の策です。

 上の写真、元々貼られていた分類ラベルを剥がし、もう一度貼り直しているために、背焼けしていない部分がモロ分かりですね。上にちょっと見えているタイトル+著者名の部分は、判読不能になりつつあったためにOOoで作成し直して厚手マット紙に印刷して貼り込み、フィルムコートしたものです。
関連記事
スポンサーサイト
2010.12.17 Fri l 図書館 l COM(8) TB(0) l top ▲

コメント

文庫本棚
ラベルが2段だと、普通3段目に入れる、巻冊番号などはナシですか?こちらでは3段目が登録番号だったのですが、桁が増えて書ききれないし、バーコードシールもできたので、3段目は巻冊番号にやり変えました。
私もバーコードシールの余白を利用して「文庫」とか「絵本」とか別置シールを貼ってます。シールを剥がす時大変ですよね。「YA」は文庫とは別の棚ですか?単行本でもYAだとシールを貼ったのですか?なんだか質問ばかりですみません。
うちの図書館では、文庫がかなりのウェイトを占めてて、でさぁ何冊くらいでしょうか?4本くらいの棚がすべて文庫本です。安いから選書、ばかりでなく、多分昔寄贈してもらった図書の名残だと思うのですが。前回の記事にある、単行本で入れた方が…の記事にはちょっとドッキリでした。Jジャンプと集英社文庫の組み合わせで1つの作品が完結だとか、カラフル文庫とジャイブのピュアフルを組み合わせて完結だとか(しかもとびとびで)笑えそうな、いえいえ困ったチャンの構成がいくつか見られました。
日焼けの背表紙もキレイになって素晴らしいですね。背表紙の色目もオリジナルにあわせてあるのですか?うちもこういう本が結構あって気になってます。私も頑張ろうっと。
2010.12.19 Sun l ありなみん. URL l 編集
Re: 文庫本棚
 >ありなみんさん

 そうなんですよ。第何巻の順番を記入する番号はナシなんです。それは本の背表紙自身を見れば分かるだろうと(横着)。少なくとも私以前に「2段でいいや」と判断した人の意図はそうであったろうと思われます(責任転嫁)。

 「YA」は文庫の棚とは別です。同じ文庫本の形をしているのに置き場所を替えないといけないから、はっきりと記載しておかないと、返却する生徒諸君が迷ってしまいます。
 また、「YA」は文庫判に限らず、たとえば講談社ドリームスマッシュ!のシリーズ(越水利江子さんの「忍剣花百姫伝」など)やステファニー・メイヤーの「トワイライト」シリーズにも貼る予定です。香月日輪さんの「地獄堂霊界通信」や「妖怪アパート」などもそうなるかと。

 あと、若干一般書架に混在している「新書」の棚の本も「新書」シールが必要になるだろうと思っています。

 カバーが取れてしまってすっぽんぽんの文庫本とか、背焼けしてタイトルが判読不能の文庫本はもったいないです。中身は無事なんですから、何とか手に取ってもらう可能性を高めるために、カバーの再生をやってます。もちろん、できるだけオリジナルに近い色味・書体でやっています。

 パソコンのありがたみはこういうところですね。昔だったらマジックとかペンで書いていたところが、本物に近い仕上がりのカバーに復元できますから。山のような単純作業の繰り返しの合間に、ちょっとだけクリエイティブで楽しい作業ですから、息抜きのつもりでぜひお試しあれ。
2010.12.19 Sun l keep9. URL l 編集
さっそく返信ありがとうございます
YAは別置なんですね。なるほど!こちらは、書架の都合もあって別置だったYAを一緒にしてしまいました。シールなどで指示してなかったので戻す時にごちゃごちゃになって、結果探す本が見つからない、ということで生徒が混乱していたのと、1人の著者の本を分類の棚、文庫、YA、青い鳥文庫、フォア文庫、偕成社文庫などいろいろな所を探すのは、どうなの?と思ったのと、物理的に書架が足らなくなったことが重なり、配置や書架をやりかえ、YA別置をやめました。現在は、文学だと分類の棚と文庫の棚と新書の棚(青い鳥、フォア、偕成社などは合体)の3種類になってます。生徒向けに目録がないので、目で探すとなるとこのくらいかなぁ…。何か目録ツールを準備してあげたらいいのですが。利用者用の目録は整備されてるんですか?今更カード目録も無理ですが、オンライン目録もそう簡単には提供できそうにないので、カウンターに言ってきた子には調べてあげることで対応しています。
カバーのない文庫本も悩ましい問題です。元がないと、うまいこと作れないし、メーカーもカバーだけ売ってくれないかなぁ。または、自炊用に裁断する人はカバーをくれないかなぁ。…なんて思っちゃいます。
2010.12.19 Sun l ありなみん. URL l 編集
Re: さっそく返信ありがとうございます
 >ありなみんさん

>利用者用の目録は整備されてるんですか?

 まず、うちの文庫棚もYA棚も、書架のスペースから言うと5段×1列しかない状態です。かなり蔵書数の物理的条件が異なるのではないでしょうか。1列程度の書架であれば(かろうじて)生徒にとっての一覧性が確保できると考えています。これ以上増えるとちょっと考えなくてはいかんかな、でしょうが、当面まだまだ余裕がありそうです。場合によっては、あまり有効活用出来ていない、すぐとなりの「今月の特集」棚を棚ではなく特別展示スペース(自作)に移動させてもいいかもしれないし。

 もうひとつ、うちは電算化されているために、データメンテナンスさえきちんとされていれば(今その作業中!)、配架場所は検索するだけで分かります。データ化の恩恵は大きいです!

> カバーのない文庫本も悩ましい問題です。元がないと、うまいこと作れないし、メーカーもカバーだけ売ってくれないかなぁ。

 出版社に頼めば無料でくれる場合もある、と聞いたことがありますがまだ試していません。駄目もとで訊いてみるのも手ですよ。

 私の場合、ネット上で入手出来る画像と出版社の紹介文(裏表紙に記載されてたりするもの)をOpenOffice Draw上で組み合わせてカバーを自作することがあります。あくまで図書館個々に自己責任でやることであって、その完成品の画像を公開は出来ませんが、ある程度原型に近づけることは出来ます。

 その本を生徒に手に取ってもらい、読んでもらうための施策の一環という大義名分はありますが、若干のグレイゾーンが残るために、万人にお勧めはしません。

 あるいは、本のイメージに近い形でゼロから作るという手もあります。
2010.12.19 Sun l keep9. URL l 編集
いろいろありがとうございます!
とっても勉強になりました。すこし試してみたいと思います。
ちなみに、うちもパソコンにデータ入力はできているのです。…しかし、利用者が自分で調べるようにはなっていません。カウンターで尋ねてくれた人に調べてあげる程度です。データメンテがきちんとできてヒットの精度が上がり、利用者用のパソコンを設置してそこで自分で調べられるようになるのが理想なんですが…。
あと、うちの生徒は手にしそうにない、種の起源だとか、広告代理店の本とか、なかなか意外な本も所蔵されているんですね。ちなみに、谷瑞恵は所蔵しているのですが、読んでもらえません。私は魔女の結婚とかおもしろいと思ったのですが…。
またSFについても教えてくださいませね。苦手なもので。この前ハインライン「夏への扉」を薦めたのですが、今の子たちにはウケませんでした。撃沈です。
2010.12.19 Sun l ありなみん. URL l 編集
Re: いろいろありがとうございます!
 >ありなみんさん

 SFも時代の好みがあるみたいですね(苦笑)。「夏への扉」新訳版を読んだ3年女子は「面白かった!」と言っておりました。あと3年男子が伊藤計劃(いとうけいかく)さんにはまっていて、SF大賞受賞作の「ハーモニー」を入れる羽目に。

 種の起源はさすがに誰も借りませんね(苦笑)。私が入れたのではないですよ~。

 メディア・リテラシー教育に関してはかなり危機感を持っているので、森達也さんの「よりみちパン!セ」での本をスタートにして上級編のつもりで「戦争広告代理店」は入れたつもりです。
2010.12.19 Sun l keep9. URL l 編集
No title
『種の起源』ってダーウィンですよね。
中学校の理科の科目内で習うので、生徒が手に取る取らないにかかわらず、所蔵すべき本なのです。
理科の先生と話し合って、岩崎書店の「天才!?科学者シリーズ 」を入れました。このシリーズの10冊のうち、ヒポクラテス以外、すべて中学校の3年間の中で学習する人物ということです。学習する時期に合わせて、個々に勧めてみたら、結構動きました。イラストが多くて読みやすいし、理科系伝記なので、普段文学を読まない生徒にもお勧めですよ~!
2011.03.04 Fri l さくらの葉っぱ. URL l 編集
「天才!?科学者シリーズ」ですね
 >さくらの葉っぱさん

 ありがとうございます。

 交付金のおかげで、まだ本来の単年度備品予算の方でで何を購入するか固まっていなかったので、さっそくそのシリーズ検討してみます。

 先日全く個人的に今更の如く「あずまんが大王」(あずまきよひこ)を買ってしまいました。あーこんなまったりした日常があったらねぇ、という感じですよ(笑)。
2011.03.04 Fri l keep9. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/58-495d4be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)