上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 11日金曜日は卒業式でした。

 確定申告他の手続きの為に、午後年休を取って市役所や市内の銀行を自転車で走り回っていたのですが、帰宅してみたらTVのニュースが24時間状態で地震を伝えていました。津波のすさまじい威力と、被災地のあまりの惨状に言葉もなく、呆然と画面を見つめる他ない状態でした。

 卒業式後の教室での最後のHR、卒業生ひとりひとりがクラスメートの仲間たちに感謝の言葉を口々に述べるのを昨日聴いたばかりです。行き過ぎる身近な日常と、それと地続きであるはずの厳しい現実とのあまりの落差に、いったいどう感じるのが正しいのか、分からなくなってしまっています。

 節電の呼びかけや、救援募金なども動き出しているようです。

 とにかく、何か出来ることはないのか、無用な深刻さで頭を固くすることなく、柔軟に考えましょう。
関連記事
スポンサーサイト
2011.03.12 Sat l 世相 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/75-fba35296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。