上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 先週13日(水)で1学期中の貸し出し返却を終了し、翌14日(水)から夏休み用の貸し出しを開始しました。

 実を言いますと、蔵書管理ソフトの機能で「特別期間設定」があるのを今の今まで知らず(前任者も導入後夏休みを経験せずに退職したので、引き継ぎ事項になかったり……)、夏休み用貸し出しも通常設定のまま去年までは行っていたのでした。ほんと大ボケ。

 ということで、今年は特別期間設定をきちんと行って、貸出冊数も「5冊」として通常の3冊から増やしてみたところ、限度一杯まで借りる子がやっぱり沢山いましたね。よし。

 夏休み、出勤日も出張日も忙しい日々が続きます。
関連記事
スポンサーサイト
2011.07.18 Mon l 図書館 l COM(5) TB(0) l top ▲

コメント

5冊
はじめまして。いつも拝見させていただいています。群馬で中学校の図書室勤務しています。夏休みは5冊なんですね。私のところは3冊です。毎日1冊読む子もいるので3冊じゃ少ないんじゃないかなあと思っていたのですが、今年からなので、去年までの慣例に従いました。最近よく子供たちに「先生 いい本ない?」と聞かれるのですが、なかなかその子にあった本を紹介できず、自分の能力不足が悲しくなります。
2011.07.19 Tue l まんじゅう. URL l 編集
Re: 5冊
 >まんじゅうさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

 「なんか面白い本ないですか?」という要求は私もよく受けます。ただ、こればかりは生徒それぞれに趣味嗜好や読書傾向が違いますから、一言じゃ言えない詳しく好みを言えと言い返します(笑)。

 それに、たかだか中学生程度の読書歴で好みが固まっているわけがないので、好みから外れた本でも好きになってくれる可能性は常にあるわけです。

 まず、だまされたと思って読めと。とりあえずそれで試してみてはどうでしょう。

 その為には、いろんな水準の・いろんな分野の本を沢山そろえておくための選書眼が大切になってくると思います。
2011.07.19 Tue l keep9. URL l 編集
No title
keep9様
お返事ありがとうございます。
読書力があるなあと思っていた子(ファンタジー好き)に たまにはと思ってミステリーを勧めてみたのですが お気に召さなかったようでがっくり。
でも懲りずに また聞いてきてくれたので 今度はファンタジーを勧めました。
本好きな子で3年生にもなると 大体読んでいるという感じで おっしゃるように 選書眼を磨いてもっといろんな本をいれていきたいと痛感します。
2011.07.20 Wed l まんじゅう. URL l 編集
Re: No title
 >まんじゅうさん

 ファンタジー系からだと、そうですね私だったら(未完ですけど)「グイン・サーガ」を勧め、その歴史ロマン的な側面から歴史小説(三国志・戦国もの)などへ進めたいところです。

 ファンタジーといっても、好きな作品のどのへんがツボなのかも含めて詰めないと本当にはその子の嗜好・思考は分からないものですね。これは自戒でもありますが。
2011.07.21 Thu l keep9. URL l 編集
No title
Keep9様
「グインサーガ」私も好きです。残念ながら 図書室にはないので 計画的に入れたいなあ(なにせ長いので)と考えていました。最近なぜか 新刊がでましたね。^^ 
今回は「獣の奏者」を勧めました。
私としてはかなり面白いと思うのですが 合う子合わない子いるみたいです。
歴史小説・・・なるほど 参考になります。
2011.07.21 Thu l まんじゅう. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/89-3ffe7c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。