「レインツリーの国」(有川浩著)の関係でぜひ入れたいと思っていたこの本を入れたのは一昨年のことですが、読了した卒業生(当時2年生)からは「面白かった!」と言われていたので、夏休みを機会に読んでみました。

詩羽のいる街詩羽のいる街
(2008/09/25)
山本 弘

商品詳細を見る


 ……傑作ですよ、読め! だけでは伝わらないと思うので、ネタバレにならない範囲で紹介を。

 「ペイ・フォワード」という映画がありましたが、あれは善意と親切を「次の人に渡していく」物語でした。
 この小説は、親切と善意、モノや行為をトレードすることを仲立ちしていくことで人と人をつなぐ女性の物語です。4つのエピソードからなり、それぞれのストーリイと語り手は独立しているものの、順番に読んでいくと、前のエピソードの伏線がゆっくりと回収されていきます。

 ええいもう歯がゆいなあ。やっぱり読んで下さい。
関連記事
スポンサーサイト
2011.08.07 Sun l 書評 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

妖怪ポスト
はじめまして。

ルパンの掲示板もかっこよかったし、ホームズの棚もすごいけど、

妖怪ポスト、すごいです!!!!
ほしいです!!
教えてほしいです!!
ほんとにすごいです!

ブックスタンド、説明書みながらチャレンジしてみます。 

ありがとうございます!!
2011.08.09 Tue l はじめ. URL l 編集
Re: 妖怪ポスト
 はじめさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

 思わず妖怪ポストのエントリを見返してしまいました(笑)。

 現在棚のメンテナンスが終盤にかかっていまして、工作系はせいぜい仕切り板位しか出番がないのですが、終了したらまた再開しようかなと思っています。良いネタが出来たらまた紹介しますね。
2011.08.09 Tue l keep9. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://amenhotep.blog22.fc2.com/tb.php/93-63d3225f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)